SOLUTION

錠剤一包化鑑査業務について

  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 錠剤一包化鑑査業務について

錠剤一包化鑑査支援システム「MDM」が必要とされた背景

一包化は全ての包装を目視で確認する必要があります。この作業には鑑査者への負担や潜在的なリスクが常に潜んでいます。

錠剤一包化業務を行う現場が抱える課題

調剤ミス

錠剤分包機の普及から、一包化の形態での配薬が増えています。そのため調剤鑑査の量は増え、意図しない形で処方外の薬品が払い出されることや処方量と異なる薬剤の調剤をしてしまうケースが発生しています。

人的負担

調剤業務と鑑査業務は並行して行う必要があります。その中でも錠剤一包化の鑑査は単純作業である反面、鑑査者への負担が多い作業です。

システム的担保

目視による鑑査作業は、作業の履歴確認や安全な調剤したという正確性の担保に欠ける部分があります。

錠剤一包化鑑査支援システム「MDM」が提供できる価値

画像鑑査・解析

処方データと連動した鑑査システムは、一包化の鑑査業務を一貫してサポートします。一包化した薬剤の画像解析を行い、より科学的な方法で鑑査業務を支援します。人と機械の行う作業を切り分けを行うことで、疑義が生じた部分の確認に人が注力出来ます。

人と機械でダブルチェック

鑑査システムを通して作業を行うことで、人による目視を減らし、作業者の負担を軽減します。

システム的担保

「MDM」で処理した処方は全包画像として保存されます。投薬後の問い合わせや調剤の記録を確認する際、アラームへの処理と画像が担保されています。

調剤の質を担保し、正確な薬剤を患者さまに届ける。
薬剤師の方々がより学術的な業務に時間が使えるように、
鑑査業務を取り巻く環境の改善に繋がるソリューションを提供します。