SOLUTION

錠剤一包化業務について

  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 錠剤一包化業務について

全自動錠剤分包機「Ci」が必要とされた背景

ジェネリック医薬品や服用しやすい形状の錠剤の普及によって、取り扱う品目数が増加する傾向にあります。同じ効能であっても複数の品目を取り扱うことで生まれるリスクを回避するため、一包化だけでない付加価値が必要になってきました。

錠剤一包化業務を行う現場が抱える課題

人的ミス

錠剤カセットへの充填業務、手撒き調剤など、人の手で行う作業が発生するため、人的ミスを事前に防ぐ機能が必要とされます。

効率性

錠剤分包機を使用する際、機械操作に必要な選択確認などの人的操作が発生することで、他の作業の妨げになることが懸念されます。

薬品管理

たくさんの品目数を取り扱う上で、「どの薬品を、いつ、誰が、薬品充填したのか、手撒き調剤を行ったのか」、管理が不透明になる傾向があります。

収納性

物理的なスペース不足によって、機械に搭載されていない錠剤カセットの管理が煩雑になり、いざ必要となった際にどこにあるのか、課題となっています。

日々の作業性

消耗品の交換作業、機械内部の清掃など、日々のルーティンとして発生する作業が重要視されます。

全自動錠剤分包機 「Ci」が提供できる価値

鑑査支援機能

錠剤カセットへの補充や錠剤カセット非搭載薬品の手撒き調剤の際、GS-1コードによる鑑査支援機能を標準搭載しているため、人的ミスを防ぐ課題に寄与します。

「止まらない」錠剤一包化

錠剤カセット内の薬品在庫の予測、先回りして手撒き調剤を支援する機能があり、錠剤分包機が停止する原因を予測して「止まらない」錠剤一包化で効率性を支援します。

システム履歴管理

錠剤の使用期限、ロット番号付き販売包装単位のGS1コードを、錠剤カセットへの充填、または手撒き調剤に用いることで、一包化された薬品の履歴、追跡する機能があります。

煩雑さの解決

錠剤カセット保管だけの専用スペースで管理することにより、必要となった時のみ、システム側からアナウンスをする機能があります。使用頻度、季節毎に応じた理想的な配置管理で支援します。

作業性を考えた包装機

横型包装機の構造で、消耗品交換、お手入れしやすい清掃設計で、日々の作業をサポートします。また包装機の左右扉を機械内部に収納できるので、作業しやすいスペースも兼ね備えています。