UNIPUL 注射薬自動払出装置

UNIPUL(ユニプル)

ここが自慢

注射業務の効率化をサポート 1995年の旧シリーズUNIPUL発売から、現在の第3世代シリーズにまで至り、これまでの豊富な導入実績から注射薬業務に携わる方々に最適なソリューションをご提供させていただきます。

様々な払い出しが可能

トーショーの注射薬自動払出装置では、4分割トレー方式・トレー方式での払出しが可能です。病院機能評価Ver6に対応する施用単位払出しをはじめ、様々なバリエーションで注射薬の払出しを可能とし、お客様のあらゆる要望と要求にお応えします。

製品の特徴 イメージ

管理に最適な整列カセットを採用

製品の特徴 イメージ

注射薬は処方の変更が多く、病棟へ搬送してから返納されるケースが日常的に起こっています。
トーショーでは、返納薬品の管理に最適な「先入れ・先出し」の出来る薬品カセットを採用しております。

個人セットトレーへの情報表示

製品の特徴 イメージ

取り外し可能な電子ペーパー式のネームカードを採用。視認性が高く、患者情報・病棟・施用日・「臨時/緊急」など、自由にレイアウトを組むことが可能です。

省スペース

製品の特徴 イメージ

業界最小(W2600×D850)の基本構成では、アンプル・バイアルの払出しが可能です。
また、壁付け設置も可能なため、限られた空間を有効に活⽤することができます。

製品情報

  • 製品情報トップ
  • Xana 全自動錠剤分包機
  • io 全自動錠剤散薬分包機
  • io 全自動散薬分包機
  • UNIPUL 注射薬自動払出装置
  • LITERA リアルタイム薬品管理装置
  • プリンター、その他の取り扱い製品
  • face-R 処方箋入力支援システム
  • ソリューション一覧

ページの先頭へ戻る